SUGARTO

DUALIZM(デュアリズム)
Conservative Avantgarde

これからの時代の象徴として力と知恵、心と体、仕事と遊び、 人間の持つ2面性、表と裏、外見と中身のギャップ、 グローバルな視野の広さを持つもの、 二つの能力を兼ね備えたものという コンセプトでブランド展開しています。

日々新しいものへの挑戦と古くから伝わる伝統的技術の融合、 物作りに対する熱い情熱と妥協を許さない冷静な判断
そこから生まれてくる新しい商品。

世界が育ててきた宝飾品の歴史を受け継ぎ、 その中で新しい表現、斬新な手法などを使った製品作りや こだわりを持った商品のご提案を行っております。

最善を尽くし創造されるものは、 時代の技術革新とともに変化していきます。 人にしか創れないもの、人の手では創れないもの

それが一体となった時に、 新しい時代の一歩を踏み出します。

”SUGARTO”とは
ファミリーネームの”SUGA”と
芸術”ART”それに
最後の”O”は
ORIGINAL,ONLY,OFFICE,OPTIMIST,和(日本)など
それらをつなげた造語です。

Company info

スガルト / SUGARTO
Original Handmade Jewelry

設立当初からダイヤモンド・真珠の素材販売を中心にシルバージュエリーからハイエンドまで、 オーダーメードジュエリー・オリジナルジュエリー・アクセサリーの製作・販売に関してすべてに対応し、 オリジナル商品の"SUGARTO"ブランドを展開しています。

また当社オリジナルの加工技術として、地金表面に特殊な焼付加工を行うことで様々な色柄を表現できる カーロアートプロジェクトをご提案。

オリジナルダイヤモンド“SUGARTOダイヤモンド”はヒロ・コガネイの日本最高の技術によって考案された ラウンドブリリアントカットの特殊カットです。
ダイヤモンド本来の輝きを最大限に引き出すために90面体のオリジナルカットをご提案いたします。

ダイヤモンドの原石の入荷に応じてラフダイヤモンドの販売を行います。
原石をそのまま使用したオリジナルコレクション“ラフダイヤモンド コレクション”をご提案。

アトリエではご要望に応じてワークショップを開いており、ご自身でのオリジナルジュエリーの製作がで きます。

素材の調達からデザイン・制作に至るまで、 すべてのジュエリーの完成まで自信を持ってご提案いたします。

株式会社 スガルト
代表取締役 菅 好男

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2000年7月7日に有限会社スガルト設立
2008年1月展 インターナショナルファッションフェアー出品
2011年ダイヤモンド原石を使用したコレクションを発表
2012年品川区戸越にアトリエを開設
2013年渋谷区神宮前に事務所移転、ショールームを開設
2013年 新ブランド"Dclusiv"ディクルーシヴをスタート

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-31-15 マンション31 B205
TEL:03-6450-5659/FAX:03-6450-5690

設立 2000年7月7日
資本金10,000,000円

Producer

菅 好男 / YOSHIO SUGA

福岡県出身
高校卒業後、渡米。
カリフォルニア大学~ジェモロジカルインスティテュートオブアメリカ(Gemological Institute of America)に入学。
Graduate Gemologist & Jewelry Artの修士を取得。

帰国後、ダイヤモンドの輸入商社へ就職。
国内でのダイヤモンドルース販売兼バイヤーとして活動後、ベルギー現地法人にバイヤーとして駐在。
その後、ヨーロッパを中心にロシア・ニューヨーク担当バイヤーとしてダイヤモンドの買付をおこなう。
ジュエリー製品部門に異動後は、大手ジュエリーショップの商品企画・生産など、 デザインからダイヤモンドの選別まで行う。

2000年独立、スガルトを立ち上げる。
2008年、デビアスダイヤモンドジュエラーズジャパンの銀座本店立ち上げに伴い、 マーチャンダイジングマネージャーを担う。

2013年、会社組織変更。
これまでのジュエリーブランドでの経験をブランド構築の礎とし、 ダイヤモンドジュエリーブランド“ディクルーシヴ Dclusiv”を立ち上げる。